文字サイズ

松山“カープの4番はオレ打” 3安打猛打ショーで連日の起用に応える

 「練習試合、広島9-1ロッテ」(24日、コザしんきんスタジアム)

 広島の松山竜平外野手(31)が24日、ロッテとの練習試合で3安打“猛打ショー”をマークした。左翼線を破る二塁打で口火を切ると、中前適時打、中前打と固め打ち。前日23日の韓国・KIA戦に続き4番で起用され、結果を残した。

 納得の一打は二回の中前適時打だ。2死一、三塁から確実に走者を迎え入れた。「こだわるのは打点」というように勝負強い打撃が4番の必須条件。それができなければ中軸を担うことはできないと考えている。

 コースに逆らわない打撃練習を徹底してきた。中堅方向への意識を最優先して、外角球は左翼方向へ。「全部引っ張るとか、気持ち良く振っても意味がない」と広角に打ち分けてきた。欲を捨て、求めるのは勝利に導く1本だ。

 今キャンプの実戦は残り4試合。チームはWBC組や新井が不在だ。今後の起用方針について、石井打撃コーチは「私見」と前置きした上で「何事もなければ、ずっと4番に置いていたい」と明かした。

 昨季終了後から、今季の「開幕4番」奪取を掲げてきた。新井にも挑戦状をたたきつけた。開幕まで約1カ月。改めて4番への思いを問われると「変わりないです」とキッパリ。その意志に揺るぎはない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス