文字サイズ

ドラ6・オスカルが新人勝利一番乗り

7回、宮崎敏郎を遊撃併殺ゴロに仕留め、ガッツポーズを見せる広島ドラフト6位・仲尾次オスカル
3枚

 「広島6-3DeNA」(27日、マツダスタジアム)

 広島のドラフト6位ルーキー・仲尾次オスカル投手(24)=ホンダ=が、12球団の新人最速でプロ初勝利を挙げた。オスカルはヒーローインタビューで「マツダスタジアムで初めて勝てて、本当に最高です。ウイニングボールは大事にします。福井さんが粘っていたので、自分がつなげばと思っていました」と初勝利を喜んだ。

 同点の七回に2番手で救援登板。柴田をプロ入り後に覚えた新球、ツーシームで二ゴロに抑えた。続く戸柱に左前打を許したが、代打宮崎を同球で遊ゴロ併殺に斬った。全13球の快投ショー。開幕戦登板に続き2試合目の登板で、存在感を見せた。

 その裏の攻撃で菊池、丸らの活躍で2点を勝ち越し。勝ち投手の権利が舞い込んだ。八回をジャクソン、九回を中崎とつないだ。

 昨季、8年ぶりに負け越したDeNA相手に、開幕カードで勝ち越し。ルーキー左腕の12球団新人勝利一番乗りで、チームも好スタートを切った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス