文字サイズ

オスカル“対左”自信 1回無失点

7回に登板し、1回無失点のオスカル(撮影・吉澤敬太)
2枚

 「オープン戦、広島1-1西武」(5日、マツダスタジアム)

 広島ドラフト6位の仲尾次オスカル投手(24)=ホンダ=が、西武とのオープン戦に六回から登板。当初は七回以降の登板予定だったが、六回に木村昇、森と左打者が続くことで、首脳陣は“対左テスト”の登板を用意。木村昇を145キロの内角直球で二飛に抑えると、続く森は外角のカットボールで左飛に抑えた。

 「左打者がくれば、絶対に抑えるんだと思っています」。さらに中村を迎えた場面でも、ベンチはオスカルの続投を決断。キャンプ終盤に覚えた新球、ツーシーム2球で追い込むと、内角のカットボールで遊飛に抑えた。

 これで対外試合は4試合、計5イニングを連続無失点。手薄な中継ぎ左腕として、緒方孝市監督(47)も「左打者の入り方にしても、しっかり投げていた。落ち着いていたね。使えるし、使いたい。左投手は欲しいところ。期待しているし、面白い存在だ」と、新人左腕に期待を寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス