文字サイズ

エルドが先制打 6試合連続打点

1回広島2死三塁、エルドレッドが左前に先制打を放つ。捕手嶺井=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
1回広島2死三塁、エルドレッドが左前に先制打を放つ。捕手嶺井=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「DeNA-広島」(29日、横浜)

 広島が初回、エルドレッドの適時打で1点を先制した。

 砂田の立ち上がりを攻めた。先頭の丸が左翼フェンス直撃の二塁打。菊池の犠打、鈴木誠の空振り三振で2死三塁。4番に座ったエルドレッドが砂田の変化球を捉えた打球は三遊間を抜けていき、三走・丸が悠々生還した。

 エルドレッドは、これで6試合連続打点。「打ったのはチェンジアップかシンカー。先制点になって良かったよ」と声を弾ませた。頼もしさを増す主砲の一打で、9勝目を目指す黒田を援護した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス