文字サイズ

3失点の黒田 七夕の7勝目ならず

3回、DeNA・梶谷の放った打球の行方を声で指示する広島・黒田博樹=マツダスタジアム
3枚

 「広島-DeNA」(7日、マツダ)

 広島の先発・黒田は6回を6安打3失点。2点のリードを許したまま102球で降板した。

 初回、1死一塁から梶谷の左翼線二塁打で1点を献上。本塁クロスプレーのタイミングはアウトだったが、捕手石原が落球して生還を許すと、続く筒香の左翼越え適時二塁打で、さらに1点を献上した。

 以降は立ち直って粘ったが、五回には関根の打球を遊撃手田中がトンネル。盗塁と四球で1死一、三塁とされると、筒香の二ゴロの間に3点目を失った。自責点2だが、味方の拙守も重なって、リードを許したまま無念の降板。七夕の夜、7勝目には届かなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス