文字サイズ

マエケン2月退団の恩師に誓った世界一

 広島・宮本洋二郎スカウト部付スカウト部長(70)が2月末で退団することが12日、明らかになった。前田健太投手(24)(06年高校生ドラフト1位)を担当したベテランスカウト。3月開催のWBCを前に、日本代表候補の前田健は本大会での活躍を恩師に誓った。

 自らをカープへ導いてくれた恩人の退団。前田健は「さみしいですね」と感慨に浸った。

 今でも高校時代のことははっきりと覚えている。蒸し暑く初夏の風が漂う5月。PL学園には宮本スカウトの姿があった。「(5月の会議で)1位で獲得することが決まってね。それから誠意を見せようと思って、ずっと通ったよ」(宮本スカウト)。2カ月間、毎日グラウンドに通い続け、18歳の右腕に熱視線を送り続けた。

 冷房の効いた建物に入らず、グラウンドに立ち続ける宮本スカウト。その姿はマエケンの脳裏にしっかりと焼き付いた。「真夏になっても上下黒のスーツを着て、来てくれていた。ありがたかった」。ベテランスカウトの思いは、確実に伝わっていった。

 15日からは3連覇を目指して戦うWBC日本代表候補合宿に参加する。「まずは代表に選ばれて。その次は活躍して結果を残したい。成長した姿を(宮本スカウトに)見せたい」と意気込んだ。世界一へと導く投球を見せることが、何よりの恩返し。右腕にさらに力がこもった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス