佐々木麟太郎進学のスタンフォード大とは?全米屈指の超難関 世界大学ランク2位 東大は29位 ノーベル賞80人超

 花巻東で高校通算140本塁打の記録を持つ佐々木麟太郎内野手が米名門、スタンフォード大学への進学が決定した。

 OBのMLB選手には、ヤンキースなどで通算270勝を挙げたマイク・ムシーナがいるが、スタンフォード大はむしろ、学問の領域での超難関大学としての知名度が高い。

 英国の教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が発表した2024年版の世界大学ランキングでは、1位の英オックスフォード大に次いで2位。日本の大学で最高の東大は29位だ。これまで、ノーベル賞を80人以上輩出している。

 キャンパスはカリフォルニア州、サンフランシスコの南東に位置する。主な卒業生では、女優のリース・ウィザースプーン、シガニー・ウィーバーらもおり、ゴルフのタイガー・ウッズは入学したものの中退している。

 日本では、歌手のアグネス・チャンが息子3人をスタンフォード大に合格させたことが話題となった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス