文字サイズ

元広島・前田智徳氏の次男・晃宏投手「バットを折るような球を」慶大で成長誓う

 東京六大学野球の慶大に今春入学予定の前田晃宏投手(慶応)と外丸東真投手(前橋育英)が14日、同大学グラウンドで取材に応じ、新たなステージで飛躍することを誓った。

 2人は2月下旬にチームに合流。現在はランニングやトレーニングなどを中心に体力づくりを行っているという。

 元広島・前田智徳氏の次男である晃宏は「最終学年になった時は先発を任せていただけるように努力をしていきたい。その過程で(慶大先輩の)橋本達弥さんのようなピンチを抑えて切り抜けられるようなプレーをしたい」と意気込み。昨夏に負傷した右肩と右膝の状態を見ながら投球練習も行っており、「変化球には自信があるのでストレートを伸ばして相手打者のバットを折るような球を投げたい」と語った。

 昨夏に甲子園を経験している外丸は「神宮で投げたいというのは1番にある。エースとして活躍できるように頑張っていきたい」と成長を誓った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス