文字サイズ

オリックス・安達 一塁に挑戦「試合数多く出たい」

 オリックスの安達了一内野手(34)が14日、兵庫・淡路佐野運動公園の室内練習場で行っている自主トレを公開。今季の目標に出場数増を掲げ、本格的に一塁守備へ挑戦していることを明かした。

 国指定の難病「潰瘍性大腸炎」と戦いながらのシーズンも7年目を迎える。野手最年長となり「1年間ずっと1軍にいないと意味がない。体調のことはあるけど、試合数は多く出たい」と責任感は増すばかりだ。

 そのために今季からは一塁にも挑戦する。淡路島にも一塁ミットを持ち込んで練習に励んでいる。昨季は急きょ二塁へコンバートされたこともあり「どこでも守れるように準備しておこう」と抜かりはない。

 昨季は100試合に出場し、1年目以来の本塁打なし。しかし、チームトップタイの14犠打など貢献度は計り知れない。「出塁率を求めてやっていきたい」-。ベテランとして、チームを支える覚悟はできている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス