文字サイズ

イチロー氏 高校で打撃実演 生徒「えぐい」 「目指している」理想の打撃も明かす

 国学院久我山高の選手に打撃を披露するイチローさん(代表撮影)
 国学院久我山高の選手を指導するイチローさん(代表撮影)
 国学院久我山高の選手に打撃を披露するイチローさん(代表撮影)
3枚

 イチロー氏が29日、国学院久我山高で指導をした。自らフリー打撃を行った後には質問に、今なお目指している打撃の境地について明かした。

 フリー打撃で何度も鋭い打球を放ちながら、細かく解説も加えたイチロー氏。右に切れるファウルが出た時には、「大きく曲がるのはダメ」と右肩の開きについて言及し、美しい軌跡で伸びる打球には「あの軌道がいい。切れない軌道」と説明。その打球に部員らは「うわー」、「打球速い」、「やばい」、「えぐい」と次々と驚きの声をあげていた。

 捕手を務めた生徒から、イチロー氏のボールの見逃し方についての質問があった。「見逃すかと思ったらバットが出てくる。それが僕の目指しているところ。手が最後に出てくる。手がキープできている証拠」と答えると、「キャッチャーがそれを感じることはすごくうれしい。谷繁さんに、松井秀喜とイチローはそれができていたと言われた。なかなかできないと谷繁さんに言われて、それを意識するようになった。目指しているところでもある」と、今も追究していることであると明かした。

 この技術は追い込まれた際に「最後のテクニック。次のチャンスを得るための技術」と説明。「右バッターでそれができたのがジーター。詰まらせて、ここに残るのが特長。今の時代、減ってきている。1番から9番まで、バーンとやるバッターが多くなっている」と現状分析と合わせて語り、「何をかっこいいかと思う、で、それぞれ違う。価値観によってプレースタイルが変わる。良しあしではなくて、僕はピッチャーが嫌がる、ベストピッチをヒットにしたい。自分の最高の状態を求めてもなかなかキープできない。最高の結果を出すために、フラットな状態にいるのがポイント」と説いた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス