文字サイズ

ロッテ ドラ1・松川が契約金1億円で仮契約「打てる捕手を目指したい」

 ロッテからドラフト1位指名を受けた松川虎生捕手(18)=市和歌山=が24日、和歌山市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円、年俸1300万円(ともに推定)で仮契約を結んだ。

 怪物の相棒になる。シーズン終盤やCSのロッテの試合をテレビで観戦した松川。「テレビ越しでも圧を感じた。バッターに的を絞らせずフォーク、スライダーと幅広い」と佐々木朗希投手(20)の投球に目を奪われたという。「素晴らしい投手」と尊敬しながらも、「持ち味のものを引き出すのが役割なので、話し合っていきたい」とバッテリー結成を待ち望んだ。

 「虎生」と名付けた、大の阪神ファンだった祖父も今ではロッテファンだという。それでも、「やってみたいです」と自分の名前の由来となっている阪神との対戦も心待ちに。高校、中学とバッテリーを組んだDeNAドラフト1位・小園健太投手(18)とは「日本シリーズで戦いたい」と大舞台での再会を誓った。

 「打てる捕手を目指して、チームに必要とされる選手になりたい」と松川。強打の捕手を目指して、千葉の地で腕を磨いていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス