文字サイズ

マジで誕生!新庄新監督「暴れてもいいですか」 日本ハム再建&人気回復へ“劇場”予告

 日本ハムは29日、阪神、日本ハム、米大リーグで活躍した新庄剛志氏(49)が次期監督に就任することが決まったと発表した。新庄氏の球界復帰は06年に現役を引退して以来。札幌への本拠地移転後では初となる3年連続Bクラスと低迷するチームの再建を託された同氏。早速、自身のSNSで決意表明した。

 日本球界に嵐を巻き起こすあの男が、ついに帰ってきた。「たった今北海道日本ハムファイターズの監督に就任が決まりました!!努力は一生 本番は一回 チャンスは一瞬 この言葉を胸に日本ハムと共に、笑顔を忘れずこれから長い船旅を戦っていきます」。球団からの正式発表後、すぐに新庄氏は自身のインスタグラムを更新。「さぁ~暴れてもいいですか!?」と、早くも“新庄劇場”の開幕を予告した。

 16年ぶりとなる球界復帰は、古巣再建の重責を担う。今季、チームは04年の北海道移転後初となる3年連続のBクラスが決定。さらに8月には主力選手だった中田による同僚への暴力行為、試合前の円陣での差別的発言などがあり、成績面だけでなく人気面でファンの心が離れている。

 新庄氏は89年ドラフト5位で阪神に入団し、90年代の猛虎を象徴する選手として活躍。その後米大リーグから、日本ハムに移籍し04年から06年までプレー。高い守備力、勝負強い打撃に加え、ゴンドラに乗ってグラウンドに登場するなど派手なファンサービスで注目を集め、記録以上に記憶に残る選手だった。

 06年、球団の北海道移転後初となる日本一に貢献し引退。その後はタレント活動や、インドネシア・バリ島で生活を送るなどしてきたが、19年に現役復帰を宣言し20年の12球団合同トライアウトに挑み安打も放った。現役復帰はかなわなかったものの、「面白くないですか?僕が監督になったら。ぐちゃぐちゃにしてやります」と将来的な監督業への強い意欲も語ってきた。

 日本ハムは新GMに稲葉篤紀氏(49)が就任。2人はかつて日本ハムの黄金期を支え合ったチームメート同士で、インスタグラムでは自身と稲葉GMの顔写真を並べた画像とともに「あっちゃん 時代は誰かが変えられる」と呼びかけた。

 そして、阪神時代の恩師へも報告。「野村克也監督へ こんな僕が監督になれた事を改めて報告してきました 大きな空から僕の采配 選手教育を見届けてください」。かつて薫陶を受けた名将の教えを胸に、希代のスーパースターがプロ野球に帰ってくる。

 ◆新庄 剛志(しんじょう・つよし)1972年1月28日生まれ、49歳。福岡県出身。現役時代は右投げ右打ちの外野手。西日本短大付から89年度ドラフト5位で阪神入団。敬遠球をサヨナラ打にするなど、さまざまな話題を振りまきながらスター選手に。2001年にFAで米大リーグのメッツに移籍。ジャイアンツで1年、復帰したメッツで1年プレーし、04年に日本ハムでNPB復帰。06年の日本一に貢献して引退。ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞10回。NPB通算成績は1411試合、1309安打、205本塁打、716打点、打率.254

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス