文字サイズ

ソフトバンク・今宮が担架で運ばれる 高浜と衝突、左膝付近を負傷

 「ソフトバンク-日本ハム」(21日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの今宮健太内野手が担架で運ばれて負傷交代した。

 二回表1死一塁。打者・杉谷の場面で一塁走者・高浜が二盗を仕掛けた。強肩自慢のソフトバンク捕手・甲斐の「甲斐キャノン」が発動。二塁ベース上はクロスプレーとなった。

 その際に、ベースカバーに入った遊撃手・今宮と走者・高浜が交錯。両選手の左膝同士が激しくぶつかった。

 もんどり打つように倒れた今宮は、左膝を抑えたまま苦悶の表情。すぐさまトレーナー、コーチ陣が駆けつけた。工藤監督も心配そうにその場に歩み寄った。

 一旦は立ち上がり、小久保ヘッドと本多コーチの肩を借りてベンチ裏へ引き上げようとしたが、用意された担架に移り、退場していった。

 今宮はそのまま交代し、中堅手だった牧原大が遊撃に入った。中堅には柳町が途中出場した。今宮は今季打率・214、4本塁打、30打点、4盗塁の成績だった。

 また、高浜もベンチ裏に下がって治療を行ったが、こちらはプレーを続行している。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス