文字サイズ

中日-ヤクルトの判定混乱 審判側がヤクルトに謝罪「一塁アウトの思い込み」が起因

挟殺プレーをめぐり審判団に説明を求めるヤクルト・高津監督(中央)=13日
挟殺プレーをめぐってベンチ前で話すヤクルト・高津監督(中央)
2枚

 セ・リーグとNPBの審判部は14日、前日の中日戦でヤクルト・高津監督が判定に猛抗議した件について、神宮球場を訪れて謝罪した。

 球団が意見書を提出。これを受け、審判部の友寄審判長とセの杵渕統括がヤクルト・高津監督らに経緯を報告したうえで謝罪した。判定混乱の要因は「二塁審判の嶋田塁審が一塁のセーフを見落とした」ことが起因という。嶋田塁審には口頭で、厳重注意とした。

 問題のプレーはヤクルトが1点を追う九回に起きた。1死一、二塁で川端が二ゴロを打ち、打者走者はセーフ。この判定を、二塁の嶋田塁審は見落としたという。

 その後、中日は一塁走者・西浦に対して挟殺プレー。ボールを持った遊撃手の京田が二塁ベースを踏んでフォースアウトをアピールしたが、二塁塁審の嶋田審判がコールをしなかった。直後に本塁へ突入した三塁走者・古賀はタッチアウトとなった。

 友寄審判長は「バッターランナーがセーフになったら(二塁は)フォースの状態。だが、(嶋田塁審は)打者走者がアウトと思い込んだ」と説明。一塁ランナーをアウトにするにはタッチが必要と判断したため、京田が二塁を踏んだ際にコールをしなかった。

 三塁走者がアウトになったところでプレーは切れたが、中日のリクエストで二塁フォースアウトが認められ、併殺で試合終了。プレー中にアウトのコールがあれば三塁走者の突入もなかった可能性が考えられ、高津監督が激怒していた。14分の抗議は受け入れられず、中日が勝利、ヤクルトは3位に転落した。

 友寄審判長は聞き取りなどで事実関係をまとめたが、「彼(嶋田塁審)も正直な所、パニックになっているのでこうなったかもしれない。落ち着いて整理して報告しなさいと伝えた」という。杵渕統括は「事実関係を正直にお伝えし、球団としても『おさめます、理解しました』というお言葉はいただいた」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス