文字サイズ

三菱重工West・森 7回3安打0封7K 11球団21人スカウトに猛アピール

 「都市対抗野球近畿地区2次予選、三菱重工West10-0マツゲン箕島硬式野球部」(9日、わかさスタジアム京都)

 三菱重工Westの今秋ドラフト候補で、最速149キロ左腕の森翔平投手(23)が、7回3安打無失点7奪三振の快投で完封。ネット裏の11球団21人のスカウト陣に猛アピールした。

 立ち上がりから全力で腕を振った。「味方が点を取ってくれるまでは0で」と、初回から自己最速タイをマークし、四回まで安打を許さず。「原点に戻ろう」と、あえて今夏戻した大学時代の“縦に体を使う”フォームから、力強い直球を低めに投げ込み、相手打線を沈黙させた。七回は「フンッ!」と力一杯の直球を投げ込み、圧巻の三者連続三振で試合を締めくくった。

 阪神・畑山統括スカウトとともに視察した筒井スカウトは「(今年の上位候補左腕に比べても)直球の力は負けていない。上位候補の力はあると思う」と高く評価した。

 プロ入りについては「意識はするけど、第一に勝つことを全力でやりたい」と森。チームを2年ぶりの本大会へ導く先に、夢のプロ入りの扉が開く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス