文字サイズ

ドラフト1位候補・隅田知一郎 7回2安打無失点13奪三振の快投でスカウト絶賛

 「九州地区大学野球選手権、長崎国際大9-6西日本工大」(4日、別大興産スタジアム)

 西日本工大は今秋ドラフト1位候補の最速150キロ左腕・隅田知一郎(ちひろ)投手(4年・波佐見)が先発し、7回2安打無失点13奪三振の快投を披露。ネット裏に駆けつけた全12球団25人のNPBスカウト陣をうならせた。

 呪いをかけているかのように、相手打線は手が出ない。この日奪った見逃し三振は4つ。振り切れずに終わる空振り三振も多く見られた。140キロ越えの直球をコースに決めた直後には「変化球は決めて当然と思っている」と120キロ台のチェンジアップを同じ腕の振りで投げ込み、まともにタイミングを取らせなかった。「足を上げてから着地までを参考にしています」とDeNA・今永をほうふつさせる、球の出どころが最後まで見えない理想的なフォーム。三振に倒れた打者は首をかしげてバッターボックスを去って行った。

 阪神は3人態勢で視察し、担当の前田スカウトは「変化球が多彩でカウントも取れる。スピード以上に手元でくるし、打者は的を絞りにくい。即戦力で通用すると思う」と絶賛。巨人・榑松スカウト部次長は「ピッチングセンスが抜群でフォームのバランスも良く、完成度が高い。素晴らしい投手」と高評価した。

 「ドラフト1位で行きたいっていうのもあって」と9月1日にプロ志望届を提出した隅田。「10年、20年と長くやれる選手を目指したい」と、プロで活躍することを目標に力強く意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス