文字サイズ

プロ注目の専大松戸・深沢 奪三振ショー13K完投!6年ぶり2度目の夏切符に王手

 「高校野球千葉大会・準決勝、専大松戸7-2八千代松陰」(20日、ZOZOマリンスタジアム)

 専大松戸がエースの奪三振ショーで6年ぶり2度目の夏切符に王手をかけた。プロ注目で最速145キロのサイド右腕、深沢鳳介投手(3年)が9回6安打2失点完投。13三振を奪って決勝へ導いた。

 「テンポよく投げていこう」と直球とスライダーを軸に、二回1死から6者連続三振。課題だった直球の球威はアップし、コンスタントに140キロ台をマーク。「平均球速が上がっている実感はあります」と手応えをつかんでいる。

 視察した巨人・織田スカウトは「もともとピッチングが上手。持ち味を出せていた」と評価した。21日の決勝・木更津総合戦へ「投げます」と連投を辞さない覚悟の深沢。春夏連続の聖地まであと1勝だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス