文字サイズ

エースが打球頭部直撃で初回に交代 岡山学芸館は無念のコールド負け

 「高校野球岡山大会・3回戦、おかやま山陽10-0岡山学芸館」(18日、倉敷市営球場)

 岡山学芸館のプロ注目の最速148キロ右腕・仲村竜投手(3年)が、頭部に打球が直撃するアクシデントに見舞われ、そのまま救急車で搬送された。

 初回1死、2番打者のピッチャー強襲ライナーが頭部に直撃。仲村は倒れ込みながらもボールを目で追った。痛みも感じなかったといい、とにかく「取ってくれ!」と願っていたという。一度はマウンドに戻ろうとしたが、審判にうながされてその場にしゃがみ込み、担架でベンチ裏へ。周囲の声にもはっきり反応し、本人も続投を望んだが、医師からストップがかかり、頭部を固定されたまま救急車に乗り込んだ。

 検査を受けて後、五回裏の攻撃時にベンチに戻った仲村。「沈んでいても仕方ない。声を出して、少しでも元気づけたい」と、大量リードを許した中で必死に声を張り上げた。

 試合は2番手の左腕・西村陸努投手(3年)が相手打線に捕まり、無念の5回コールド負け。仲村は「西村は踏ん張って投げてくれた」と、Wエースとしてともに戦ってきた仲間に感謝の言葉を贈った。

 この日はスカウト7球団が視察に訪れた。試合後、目を真っ赤に腫らした仲村は「僕に出来る事は次のステージに向けて練習すること」と、周囲と話し合って決めるとしたが、プロ志望届を提出する意思を示した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス