文字サイズ

不調の清原和博氏 自身を逮捕した刑事に電話、優しさに触れる「すぐに会いにと…」

 元プロ野球選手の清原和博氏が18日、ツイッターを更新。「今日、久々に自分を逮捕、取り調べを担当した刑事さんに電話した」と明かした。

 現在、覚せい剤の後遺症に苦しんでいる清原氏。前日も薬物病院に行ったことを明かしていたが「刑事さんにはこの5年、何かあると色々と聞いてもらっていました。心配してくれて何かあればすぐ連絡ください、直ぐに会いに行きますから、一人にならないでくださいね、と優しく励ましてくれました」とつづった。

 清原氏は15日に自身のYouTubeで「後遺症がひどくて、手の震えが止まらない。耳鳴りがずっとしている。眠れない。うつ病を患って5年目です」と告白。清原氏は2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、昨年執行猶予が明けたが「覚せい剤はとんでもない怪物で、5年たってもなお、僕を襲い続けている」などと語っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス