文字サイズ

京産大・北山を中日、阪神など8球団視察 15K&2失点完投

 「関西六大学野球、京産大3-2神院大」(10日、皇子山球場)

 京産大が接戦を制して先勝した。今秋ドラフト候補の最速151キロ右腕・北山亘基投手(4年・京都成章)が、4安打2失点(自責点1)で完投。三回から四回にかけて4者連続三振を奪うなど、最速151キロの威力ある直球を軸に、カーブやチェンジアップなどの変化球を織り交ぜて計15奪三振をマークした。

 「攻撃も守備もシャキッとしない部分があったのは反省点ですが、カーブが決まるようになってからは楽に投球を組み立てられた。真っすぐも押せていたし、チェンジアップも緩急使えていたと思う」と冷静に振り返った。

 この日は、プロ8球団が集結。中日・米村チーフスカウトは「元々いいストレートに加えて、カーブなどの変化球を使えるようになったことで投球の幅が出てきた。伸びしろを感じるので、最終的に12人の中に入ってくる可能性もある」と高評価。阪神・熊野スカウトも「やっぱり真っすぐはいいね。スピードもスタミナも問題ないし、順調に成長している」と太鼓判を押した。

 今リーグはすでに大商大が優勝を決めているが、「秋につなげる意味でも、1つも落としてはいけない」と気を引き締めた北山。エースとして、主将としてチームをけん引し、残りの試合も勝ちにいく。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス