文字サイズ

市和歌山・小園 5回0封9K!多彩な変化球で圧投 夏のシード権を獲得

 「春季高校野球和歌山大会・準々決勝、市和歌山5-0熊野」(30日、紀三井寺公園野球場)

 今秋ドラフト上位候補の最速152キロ右腕、市和歌山・小園健太投手(3年)が9球団が視察する前で、2番手で5回1安打無失点、9三振を奪う快投を見せた。

 五回からマウンドへ。連続三振と完璧な入りを見せると、八回から九回にかけて4連続三振。「課題にしていた打者の膝下にいく球が多かった」と、この日最速149キロの直球とツーシームなど多彩な変化球で圧倒した。

 阪神・渡辺スカウトは「ストライクが簡単に取れて自分のカウントで試合を進めている」と評価した。「力感を上げていけば150キロも出せる」と小園。チームは4強入りを決め、夏の和歌山大会のシード権を獲得。自信を持って、まずは春の頂点まで駆け上がる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス