文字サイズ

今秋ドラフト候補の法大・三浦 “復肩”気配3回0封、社会人相手に4奪三振

 「オープン戦、ENEOS1-0法大」(24日、ENEOSグラウンド)

 今秋ドラフト候補で最速150キロ右腕の法大・三浦銀二投手(3年・福岡大大濠)が24日、川崎市内で行われたENEOSとのオープン戦に先発して3回無失点と好投した。巨人など3球団スカウトが視察する中、DeNAのスピードガンでは149キロを計測。社会人相手に4三振を奪った。

 思い通りに攻め、格上を斬った。年明けから握りを深くしたチェンジアップなど全球種を披露。「全ての球でストライクも取れているし、空振りも取れたので。一つ自分の自信にしていいいかな」と表情は晴れやかだ。

 視察した中日・八木スカウトは「いいピッチャーの特長」として、ベース板上での球の強さを評価した。昨年はリーグ戦で勝ち星を挙げられなかったが、右肘痛などで苦しんできた右腕が“復肩”気配だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス