文字サイズ

202センチの巨人・秋広、初マルチ 原監督は広角打法を高評価

 「練習試合、ヤクルト5-10巨人」(23日、ANA BALL PARK浦添)

 “身長2メートル2センチ”のビッグな新人が、1軍残留を猛アピールだ。巨人のドラフト5位・秋広優人内野手(18)=二松学舎大付=がヤクルトとの練習試合に「8番・一塁」で先発し、対外試合初のマルチ安打&打点をマークした。

 四回に金久保から左中間を鮮やかに破り、“プロ初長打”となる二塁打。五回無死二塁の場面では痛烈な当たりの中越え適時二塁打を放った。原監督は「あの辺が彼の特長だと思うよ。広角的にね」と高評価した。

 ここまで那覇キャンプの対外試合では9打数1安打と苦しんできた。試合前には指揮官から直接、打撃指導を受けた。投手の方向に倒れていたバットのヘッドを少し立てるように助言された秋広は、「インパクトまで強くスイングすることができた」と笑顔で振り返った。

 生き残りをかけた厳しい状況は続く。開幕1軍、スタメンに向けて「目標にはあるんですけど、今のままでは全然、そのレベルに達していない」。日々、鍛錬して競争を勝ち抜く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス