文字サイズ

ロッテの“次世代スター”藤原を大解剖 「見られる」仕事…お肌の手入れも欠かさず

今季スタメン定着を狙う藤原(球団提供)
愛犬と遊ぶ藤原(球団提供)
2枚

 デイリースポーツでは、球場で観戦できない読者に代わって、最前線の今をお届けする『プロ野球番記者ワイドEYE』(随時掲載)を企画。今回はロッテ・藤原恭大外野手(20)を“大解剖”する。トリプルスリーを狙える逸材として期待され、また球界屈指のイケメンとして女性ファンからの注目度も高い。そんなマリーンズが誇る次世代のスター候補の内面に迫った。

 球団公式YouTubeで近況を投稿すると、あっという間に視聴回数が跳ね上がる。プライベート画像を球団公式ツイッターに上げれば、3時間で「いいね」が3000に到達する。SNSの反応、グッズ売り上げは球団屈指。藤原は端正な顔立ちと、鍛えられた肉体美で女性を中心に断トツの人気を誇る。

 ただ、藤原は浮ついた様子を全く見せない。プロでまだ実績は残していない。周囲の反応にも「結果を残していないですし、まだまだかなと思います」。今は人一倍、真摯(しんし)に野球に取り組んでおり、周囲からも野球と向き合う姿勢を評価されている。

 期待の若手とはいえ、20歳の青年。“見られる”ことが気になる年頃だ。お肌の手入れは毎日欠かさない意外な一面も持つ。「テレビに映るので、ニキビができないように心がけてケアはしています。定期的に病院からも薬をもらって、塗っています」と衝撃発言。高校時代からさまざまな化粧水や乳液を試し、今も肌に合う商品を探して母・道子さんと連絡を取り合っている。端正なマスクに見合う透き通った肌は、努力のたまものでもある。

 グラウンド外でも見られることに意識を持ち、日頃からの行動を心がける。ファッションには敏感だ。「ジーパンは古いという時代が来ているらしいので、今ははいていないです」と笑う。プロ入り後はジーンズにTシャツ姿が多かったが、プロ野球選手として、体のラインを強調する洋服は着ない。

 「(ズボンは)スラックスが多いですかね。洋服はダボダボめに着ている感じです。ピチピチめに着る時代ではないと思うので。はやりにのっていきたい」。常に最新トレンドをチェック。服装へのこだわりも強い。

 野球を離れると、リラックスした素の姿で過ごす。「漫画を読んだり、携帯ゲームをやったりしています」。読む漫画にもこだわりがあるという。中学は枚方ボーイズ、高校は大阪桐蔭で全国制覇を果たした経験を持つことから「野球漫画や、スポーツ系は基本的に読まないですね。ちょっとオーバーで、簡単に描かれているところがあるので」。グラウンド外では野球から距離を置き、気分転換に重点を置くという。

 女性ファンが気になる異性のタイプは…。「清潔感のある方です。透き通っている感じ」と明かしてくれた。だが、あまりテレビを見ないため、芸能人にも好みはいないという。女性人気に対しては「しっかり結果を残してから、やりたいことをやりたい」。今は野球が“恋人”だ。

 昨季後半からクライマックスシリーズにかけて活躍。3年目の今季は高い身体能力を生かして、レギュラー獲りが目標。藤原は高いプロ意識を持ち、スター街道を歩んでいく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス