文字サイズ

DeNA・山崎康晃 7000万大減俸の2・8億円で更改「悔しい気持ちでいっぱい」

 DeNAの山崎康晃投手(28)が22日、神奈川県横浜市で契約更改交渉を行い、年俸3億5000万円から7000万減の2億8000万円でサイン。入団以来初めての減俸となった。(金額は推定)

 山崎は「僕としても悔しい気持ちでいっぱい。まずは自分の体を健康第一で整えて、オフは短いと思うので、しっかり体も心も準備して開幕に向けて頑張っていきたい」と力を込めた。

 今季は開幕から本来の投球を披露できなかった。12試合目の登板となった7月26日の広島戦では、1点リードの九回に満塁本塁打を浴びるなど5失点。3敗目を喫すると、クローザーの座を三嶋に譲った。10月にはプロ入り初めて不振での2軍降格も味わった。今季は0勝3敗6セーブ、防御率5・68に終わった。

 成績を落としたシーズンではあったが、言葉を選びながら「そんなに皆さんが思っているほど深刻ではない」とした。守護神への思いについては「あえて言及する必要はないかなと。しっかり練習して、健康でシーズンを迎えられれば自信はある。あまりそこにこだわらず、取り戻すという感じはないです」と話した。

 昨季の契約更改の場では将来的なメジャー挑戦への思いを口にした。もちろん、その思いは「強くありますね」とし、「どういう風に今後なるのかは具体的には話せませんが、野球人生を懸けて、どういう風に進んでいっても、ファンの皆さまを大切にする姿勢を忘れずやっていきたい」と力を込めた。

 山崎は亜大からドラフト1位で入団。1年目の15年に37セーブを挙げ新人王に選出された。18、19年には2年連続で最多セーブのタイトルも獲得。入団から5年連続20セーブ以上を挙げ、不動の守護神として活躍を続けてきた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス