文字サイズ

ソフトバンク工藤監督「森が『すいません』とか言って」ノーノー未遂も信頼絶大

巨人に3連勝し、ファンにあいさつするソフトバンク・工藤監督(左端)ら=ペイペイドーム(撮影・北村雅宏)
試合に勝利し、ソフトバンク・甲斐(右)とタッチするソフトバンク・森=ペイペイドーム(撮影・高石航平)
7回を終え、選手交代を告げるソフトバンク・工藤監督=ペイペイドーム(撮影・北村雅宏)
3枚

 「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが日本シリーズ11連勝とし、日本一に王手をかけた。先発のムーアが7回まで無安打に抑える快投。八回はモイネロが無安打投球。九回に登板した森が2死から丸に安打を許し、ノーヒットノーランリレーは逃したが、1安打無失点に抑える完勝だった。

 日本シリーズでノーヒットノーランを達成した投手はこれまで不在。史上初の快挙達成まであと2イニングとしながらの継投策。工藤監督は「どうしても勝ちたかった。ペイペイドームで負けるわけにはいかなかった」と明かす。

 先発投手が無安打で降板したのは07年の中日-日本ハム第5戦で中日・山井以来。山井は八回まで無走者に抑える完全試合ペースだったが、落合監督は九回に岩瀬を投入。“完全リレー”を達成している。

 九回2死から初安打を喫し、日本シリーズ史上2度目のノーノーリレーこそ逃した。指揮官は「森が一生懸命、なんか『ああ、すいません、ああ、すいません』とか言って」と苦笑いを浮かべながら明かした。

 その上で「打たれないことがベストかもしれないですけど、0で抑えて帰ってくるというのが、リリーフ陣にとっては一番大事なところだと思いますので、あれはもうナイスピッチングです」と変わらぬ評価を口にした。

 モイネロとの鉄壁の勝利の方程式。「これ以上得点を与えないというところがね、今年のリリーフ陣の一番、象徴できている部分じゃないかなと。八回、九回をまかせたあの2人は、チームにとって壁みたいなものですからね」と言う。快挙よりも、万全を期しての勝利。一分の隙もみせない継投策で、4連覇に王手をかけた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス