文字サイズ

立正大がトリプルプレー完成 無死一、二塁の場面で5-5-4-3

 「東都大学野球、国学院大-立正大」(3日、神宮球場)

 立正大が三重殺(トリプルプレー)を完成させた。

 八回無死一、二塁の場面。三塁正面のゴロを宮崎大輔内野手(3年・川越工)が捕球し、まずは三塁ベースを踏んで1アウトを取った。このままムダのない動きで二塁手に送球。一塁手にも転送され、トリプルプレーが成立した。

 リーグは違うが、同じ神宮の舞台では今秋の東京六大学リーグ戦で10月25日の法大-慶大でも法大が三重殺を決めたばかりだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス