文字サイズ

市和歌山・小園11K完投 カットボールとツーシームで三振の山

 「秋季高校野球近畿大会・1回戦、市和歌山2-1東播磨」(18日、わかさスタジアム京都)

 センバツ出場の参考となる近畿大会が京都のわかさスタジアムで開幕し、智弁学園、龍谷大平安、市和歌山がそれぞれ準々決勝進出を決めた。プロ注目の市和歌山のエース・小園健太投手(2年)は、1失点11奪三振の完投で勝利に貢献。次戦の相手は智弁和歌山-東海大仰星の勝者。厳しい戦いを制し、センバツ当確を目指す。

 最後の打者を渾身(こんしん)のツーシームで空振り三振に仕留め、「しゃあっ!」と大きく手をたたいた。

 来秋ドラフト目玉候補で最速152キロの小園が、近畿大会の初戦に先発し、5安打1失点で9回完投。驚異の11奪三振で、兵庫2位の東播磨を圧倒した。

 「投手戦になると思っていたので、自分がどれだけ抑えられるかだと思っていた。苦しい試合でしたが、すぐに点を取り返してくれたので楽に投げることができました」

 初回を三者凡退に封じる上々の立ち上がりを見せると、続く二回の最後の打者から三回まで、4者連続三振を披露。「自分は三振を多く取るタイプのピッチャーではない」としながらも「限りなくストレート(と同じ軌道)に見えるように意識している」というカットボールと、縦と横の2種類のツーシームで三振の山を築いた。

 これで、目標に掲げる“甲子園”に王手をかけた。次戦で勝利すればセンバツ当確だが、「次勝たないと見えてこない。しっかり勝って、センバツへの一歩を踏み出したい」と決して気は抜かない右腕。まずは、全国クラスの強豪がひしめく近畿を制し、自身の手で聖地への“切符”をつかみとってみせる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス