文字サイズ

履正社V戦士の龍谷大・内倉 3安打4打点の大暴れ

 「関西六大学野球、龍谷大8-5大経大」(11日、南港中央球場)

 昨夏の甲子園を制した履正社の優勝メンバーである龍谷大・内倉一冴(かずさ)内野手(1年)が「2番・三塁」でフル出場し、5打数3安打4打点と躍動した。

 3点を追う三回。2死二塁からセンターオーバーの適時二塁打を放ち攻撃の口火を切ると、四回には3-3の同点とし、なおも続く2死満塁のチャンスで、フルカウントから左中間へ走者一掃の三塁打を放って勝ち越しに成功。「2アウト満塁で絶対に打たないといけない場面だったんですが、めっちゃ冷静に打席に入れました」と笑顔を見せた。

 阪神・井上広大など、元チームメートらの活躍には大きな刺激を受けているという。中でも、近いリーグに所属する立命大・桃谷惟吹(いぶき)外野手(1年・履正社)は特に意識する選手だ。

 「もちろん負けたくないですけど、あいつ(桃谷)はやばいので…(笑)自分も早く近づけたらいいなと思います」と闘争心を燃やした内倉。大学でも日本一の称号をつかむために、これからも成長を続けていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス