文字サイズ

今秋ドラフト候補の亜大・平内 サヨナラ押し出し死球も150キロ超連発

 「東都大学野球、立正大3-2亜大」(22日、神宮球場)

 東都大学野球が開幕し、秋連覇を目指す中大、立正大、国学院大がそれぞれ勝利した。今秋ドラフト候補で最速154キロ右腕の亜大・平内龍太投手(4年・神戸国際大付)は2回1/3を1失点で敗戦投手となったが、150キロ台を連発。バックネット裏の12球団スカウトの前で実力を示した。

 平内が剛球の復活をアピールした。150キロ超えが8球。3番手として登板直後の七回はこの日最速となる153キロに加え、スプリットで3者連続三振に斬った。九回1死満塁からサヨナラ押し出し死球を与えはしたが「ボール自体はよかった」と手応えはある。

 昨秋リーグ戦は登板がなく、今年3月に「万全に行くために判断しました」と右肘を手術した。本格的な投球再開は7月。今夏のオープン戦で自己最速を計測するなど、状態は上がってきている。

 開幕を7人態勢でチェックした阪神スカウト陣も上々の評価だ。吉野スカウトは「真っすぐで押せるし、スプリットで空振りも取れている」と今後も視察を続ける方針。患部の状態次第で先発にも意欲を見せる右腕は、最後の秋でのフル回転を誓う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス