文字サイズ

前例なき夏の甲子園 ブラバンない球場にノックの声と捕球音響く

無観客の甲子園で、グラウンドに整列する花咲徳栄、大分商の両校ナインと、ビジョンに映る各校の選手たち(撮影・高部洋祐)
2枚

 「高校野球交流試合、開会式」(10日、甲子園球場)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春のセンバツに選出された32校を招待して開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」が開幕。開幕試合を戦う大分商、花咲徳栄(埼玉)の2校だけが参加し、開会式が行われた。入場行進はなく、一塁側・大分商(大分)、三塁側・花咲徳栄(埼玉)の登録選手がベンチから出て内野に横2列ずつ整列。行進に代わり、バックスクリーンのビジョンに出場校の写真が流された。

 例年なら白っぽい夏服で埋めつくされるスタンドも、深緑色のイスが空席のまま残されていた。一、三塁側内野席には花咲徳栄と大分商の家族ら数十人が間隔を空けて座り、控え選手も少し下段に離れて座った。

 ブラスバンドも応援団の声援もない静かなスタンドを背に、試合前ノックが始まると、選手1人1人のかけ声、捕球音が球場に響き渡った。両チームのスタメン発表では、ベンチ外の選手やマネジャー、保護者からの拍手が送られた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス