文字サイズ

報徳・田中太晴マネジャー、掃除からメンタルケアまで献身 父は阪神・田中スカウト

 「高校野球兵庫大会・5回戦、報徳学園9-1市尼崎」(7日、ベイコム野球場)

 阪神・田中秀太スカウトの長男・田中太晴(たいせい)マネジャーが、報徳学園の全戦コールド勝ちでのフィニッシュを影で支えた。この日は最後の試合ということもあり、田中スカウトもスタンドから見守っていた中、記録員としてベンチに入ってチームに貢献。「無敗で勝ったのはめちゃくちゃうれしくて。今日、強いチームを相手にも圧倒して勝てて、その目標も達成できてうれしいです」と笑顔を見せていた。

 「今日で引退が決まっている試合だったので悔いが残らないように、自分自身も楽しんでというか、この仲間で最後まで勝ちたいという気持ちでした」

 この日は家を出発する前に、父から「最後やからとにかくがんばれ、楽しんで」と声をかけられたという。元々は小学3年から中学3年まで選手として野球をプレー。ただ、高校でも野球を続けることに「不安もあったので」と、報徳学園への入学前に練習を見学した際、マネジャーとして入部する選択肢も考え、父にも相談して決断した。

 「(心掛けるのは)自分が率先して、視野を広く、選手が気付かないところにも気配りをしてやるようにしました。部室の掃除や道具の管理とか、選手が野球に集中しやすい環境を作れるように。選手がやりにくいことを率先してやるようにしていました」

 新型コロナウイルスで部活動ができず、夏の選手権大会の中止が決まってからは選手のメンタル面を気遣った。「選手の共有アプリを使って、モチベーションを保つための言葉を送ったりとかしました。『気持ちが落ちてしまっても、甲子園がないからがんばらないのは報徳じゃない』とか」。自分ができることを考え、懸命に選手をサポートした。

 試合後、父の阪神・田中スカウトは「3年間、よくがんばったなと思います。大角監督にいろいろ教わって、成長できて良かったと思います」とねぎらった。田中マネジャーは「(父には)まず、ありがとうですね」と感謝を口にする。卒業後は大学に進学し、そこでも野球部のマネジャーを務める。

 「卒業後も大学でマネジャーで。(将来の夢は)細かいことは決まってませんが、マネージャーの経験を生かして将来も野球に携われたらいいなと思います」。ユニホームを着ていなくても、選手と共に兵庫無敗で終えた夏は、今後への大きな財産となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス