文字サイズ

巨人が異例の采配 野手の増田大輝を投手起用 原監督は「それだって、一つの作戦」

8回途中、登板する増田(撮影・山口登)
2枚

 「阪神11-0巨人」(6日、甲子園球場)

 巨人が11点差のついた八回に、野手の増田大輝を登板させた。

 4点を追う八回、ボーアと木浪の適時打や押し出し四球、そして中谷の満塁弾があり、7点を追加された。

 1死走者なしの場面で原監督は堀岡に代えて、投手に内野手登録の増田大を送り出した。この後は近本を二ゴロ、江越に四球、大山を右飛とし、2アウトをとってこのイニングを終えた。

 巨人は先発のメルセデスから堀岡まで5投手しか登板しておらず、中川ら別の投手も残していた。

 原監督は試合後、「チーム最善策ですね」とし、「まあ、やっぱり、6連戦という、連戦連戦、連戦の中でね。あそこをフォローアップする投手というのはいないですね。それだって、一つの作戦だから」と、語った。

 残っていた野手の中で増田大を選んだ理由については、「ピッチングコーチが彼を選んだということですよ」とした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス