文字サイズ

7・28コリジョン検証 送球がミットに収まった時、走者はまだ数メートル手前だった

 本塁上での走者と守備側の衝突によるケガを未然に防ぐ観点から、2016年に導入されたコリジョンルール。7月28日の広島対中日戦(マツダ)の八回、完全にアウトのタイミングで滑り込んできた中日・大島との接触を避ける形を取った広島・会沢のタッチプレーがリクエストでセーフに覆って同点となり、逆転負けにつながるシーンがあった。審判団の判定、守備側の最善策、コリジョンルールの今後など、デイリースポーツ評論家陣の声を織り交ぜ、検証する。

 2-1と広島の1点リードで迎えた八回2死一塁。中日・ビシエドが広島2番手・塹江の初球を右翼線にはじき返した。右翼・鈴木誠はクッションボールを処理し、中継の二塁・安部に送球。一走・大島は一気に本塁を狙ったが、安部からのツーバウンド送球が会沢のミットに収まった時、大島はまだ本塁の数メートル手前だった。

 会沢は本塁を空けた状態で、三塁と本塁を結んだ本塁後方に位置していた。それを見た大島は本塁直前で進路を左に取り、右手を伸ばしながら足から滑り込んだ。芦原球審の判定はアウト。だが、大島は両手を横に広げてセーフのアピール。中日・与田監督がリクエストを要求した結果、判定はアウトからセーフに覆り同点となった。その後、2死一、三塁から、A・マルティネスが3番手・菊池保から遊撃適時内野安打。これが決勝点になり、広島は最下位に転落した。

 中日側からのリクエストで判定が覆った瞬間、佐々岡監督はベンチの中で両手を広げ、なぜ?といったキツネにつままれたような表情を浮かべていた。リプレー検証後の判定に異議を唱えた場合、即時退場が命じられるため、ぼう然と立ち尽くすしかなかったのだろう。

 「コリジョンの中で…。あのタイミングでセーフになると、難しいところがあると思う」と佐々岡監督。会沢は「コリジョンを考えながらのプレー。悔しい結果になった。少しでも(走者に)当たってしまうとダメだし、かといって(本塁前だと)追いタッチになる」と無念さをにじませた。

 逆転負けを喫した広島側に、審判団から当該プレーに関する説明はなかったという。広島側も連盟に意見書を提出するなどの行動は起こさなかった。ただ、鈴木球団本部長は「(会沢は)間違ったプレーはしていない。(守備位置に関しては)コリジョンがあるから、本能的に(あの位置になったのだろう)。本塁でのブロックもできないから」と擁護した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス