文字サイズ

ロッテ わずか2安打敗戦も安田が奮闘 井口監督「チャンスあれば使っていきたい」

 8回、打線沈黙にベンチでさえない表情の井口監督(撮影・開出牧)
2枚

 「ロッテ0-3西武」(8日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテは、西武投手陣に今季最少の2安打に封じ込められ、同初の完封負けを喫した。

本拠地での開幕連勝は7で途切れた。

 絶好機もあった。2点を追う六回。1死満塁の場面を迎えたが、ここで西武先発・今井を相手に井上が、遊ゴロ併殺打に倒れて好機はつぶれた。井口監督は「チャンスは作って、そこで点が入らなかった」と嘆いた。

 打線が貧打にあえいだ中、「7番・DH」でスタメン出場した安田が躍動した。二回2死一塁の場面で左前打、七回には右前打と、この夜のチーム全安打をマーク。自身にとっても今季初、通算3度目のマルチ安打を記録した。

 7日の西武戦でプロ通算2本目となる今季1号2ランを放った安田。指揮官は「昨日の一本で楽に打席に入れたと思う。今後もチャンスがあれば、使っていきたい」と語った。敗戦の中、若武者の存在が光明だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス