文字サイズ

DeNA・ラミレス監督「それは起こりえる」継投裏目も国吉は責めず

 「巨人5-2DeNA」(30日、東京ドーム)

 DeNAが巨人との今季初戦で逆転負けを喫した。

 初回に佐野の犠飛と宮崎の適時打で2点を先制。先発・浜口は五回まで中島のソロにより1点のみに抑えた。だが、打線は二回以降、巨人先発・戸郷の前に沈黙。六回の守りでは、1死一塁で坂本を迎えた場面でラミレス監督が継投を決断。2番手に国吉を送ったが、坂本へ四球を与え一、二塁とされ岡本に同点打を浴び、さらに2死後、パーラに勝ち越し打を浴びた。

 八回には4番手・エスコバーが丸と岡本に被弾し、ダメを押された。

 勝てば単独首位だった試合を落とした。ラミレス監督は「(2番手の)国吉が2点を取られたが、それは(野球では)起こりえることなので、仕方がないかなと思う」と責めず「焦る時期ではない。明日、しっかり準備をして、しっかり勝つことが重要」と切り替えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス