文字サイズ

明石商・中森 力投3回2失点 虎スカウトホレボレ「上位候補」

 「練習試合、明石商9-2須磨翔風」(27日、明石商グラウンド)

 今秋ドラフト上位候補の最速151キロ右腕、明石商・中森俊介投手(3年)が27日、今年初の対外試合に登板。阪神、広島、ヤクルトのスカウト陣が見守る中、3回を6安打2失点と力投した。

 7-0の七回から、3番手としてマウンドへ。いきなり先頭に中前打を浴びたが、この日最速となる147キロの直球に加え、多彩な変化球を駆使し、無失点で切り抜けた。

 しかし九回に連続安打などで1死二、三塁とされ、中前2点打を許した。2三振を奪うなど、要所で持ち味も見せたが「上半身に力が入ってしまって空振りが取れなかった。今日は全く(ダメ)でした」と反省しきりだ。

 それでも、阪神・熊野スカウトは「コントロールは問題ないし、球種も豊富。上位候補という見方です」と評価は変えない考えを示した。プロか進学かについては「今は半々」としたが、「上のレベルを目指したい」と意気込んだ右腕。まずは、3週間後に迫った代替大会に向け、調整を急ぐ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス