文字サイズ

NPB「現時点で開幕に影響はない」巨人坂本と大城がコロナ陽性判定も微量

 巨人の本拠地、東京ドーム
2枚

 巨人は3日、坂本勇人内野手(31)、大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスの感染有無を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。6月19日のシーズン開幕への影響が懸念されるが、日本野球機構(NPB)の井原事務局長は専門家の意見なども聞いたうえで「今回の検査結果の内容をお伺いしても、特に開幕に影響はないと現時点では考えております」と語った。

 球団によると、ふたりの陽性は5月29日~31日まで、希望者218人に行った抗体検査で判明。2選手のコロナウイルスの遺伝子量は微量で正常値ぎりぎりの「微陽性」という。回復を示すIgG抗体もあり、感染からすでに時間がたっているとみられるという。このため、ふたりは入院したが、管轄の保健所の指導に従い、PCR検査で陰性が確認でき次第、早期にチーム合流を目指す。

 プロ野球とJリーグが立ち上げた「新型コロナ対策連絡会議」の専門家チーム座長・賀来満夫氏(東北医科薬科大学特任教授)は「抗体検査でIgG抗体が確認されていることから2名の選手とも感染から回復して、かなりの時間がたったと思われる。よって他人に感染させるリスクは高くないと推察されるが、感染防止に努めるという判断に立って練習試合を中止し、濃厚接触者を特定してPCR検査を実施するという慎重な判断は支持したい」とコメントした。

 また、2選手のほかに2人のスタッフもIgG抗体が確認されており、球団は4日午前中までに1軍の選手、監督、コーチ、スタッフなど全員がPCR検査を受けるとした。3日に予定されていた西武との練習試合は急きょ中止が発表されていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス