文字サイズ

プロ野球、Jリーグ開催へ「無観客」「選手の検査」専門家チームが提言

新型コロナウィルス対策連絡会議であいさつするNPB・斉藤惇コミッショナー
2枚

 日本野球機構(NPB)とJリーグによる第8回新型コロナウイルス連絡会議が22日、ウェブ会議システムを使って開催。終了後にNPB斉藤惇コミッショナー、Jリーグ村井満チェアマンと、専門家チームの東北大・賀来満夫名誉教授、愛知医大・三鴨廣繁教授らが会見した。

 斉藤コミッショナーは「監修を受けながら80ページ前後にわたるガイダンスの作製を完了しました。昨日、全球団に配ったところです。東京の方も知事のステップの公表がありましたが、野球は無観客であればステップ1と出ていますので、先生方のご注意を実践していきたい」と話した。

 村井チェアマンも「無観客は最後の手段1つとして受け入れていきたい」と話し、プロ野球、Jリーグとも当面は無観客開催に踏み込む構えを示した。

 会議では各地での緊急事態宣言の解除、首都圏でも25日に解除される可能性が出たことを踏まえて、専門家チームがこれまでに作製した「提言」の改訂版を元にプロ野球開幕、Jリーグ再開に向けてのガイドラインが示された。

 座長を務めた賀来名誉教授は「明言はできないが現段階の感染状況を見たとき、開催できる状況になってきたと言えると思うが、十分な注意をしてほしいと提言した」と説明。「今後は第2波、再流行を防止しながら社会活動を両立させる事が求められています。日本プロ野球とプロサッカーリーグが開催となるのは国民にとても大きな期待となっています。あくまでも感染防止を最大限に行っていくことがいちばん」と話した。

 専門家チームは開催に向けて(1)選手スタッフのPCRなどの検査励行(2)当面は無観客での開催(3)開催する場合、地域の自治体と連携すること-などを提言。観客を入れての開催は次の段階で、賀来氏は「新型コロナは80%が無症状。疫学情報が日本にはない。サイレントの方はまったく状況は見えない。再流行のリスクを頭に置く必要がある」と話した。

 村井チェアマンは「ドイツなどでは全選手への検査が終わっている。Jリーグも可能である限り検査を実施していきたい。国民の検査が必要な中でわれわれだけがという思いもありましたが、スポーツを守っていく上で望ましいという声もあった」と検査を進めていく方針。斉藤コミッショナーは「現実は希望者ということになるかもしれませんが、やれるならやりたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス