文字サイズ

中日 コロナ感染の阪神・伊藤隼と接触の2選手を自宅待機に 複数回の会話やグータッチで

 中日は29日、新型コロナウイルスの感染が公表された阪神・伊藤隼太外野手と接触した15人について、専門家の助言をもとに2人の選手を4月5日まで自宅待機とすることを発表した。

 球団によると、3月27日に感染が発表された阪神・伊藤隼が同20~22日までナゴヤ球場で行われた2軍の練習試合に出場していたことを受け、球団では同28日に1、2軍の首脳陣、選手、スタッフ全員を調査。その結果、2軍の首脳陣、選手、スタッフの中の計15人がグラウンドで会話、身体的な接触等をしていたことが判明した。

 日本野球機構(NPB)・日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)連絡会議の専門家チーム・地域アドバイザーの愛知医科大学・三鴨廣繁教授のアドバイスを受け、2人の選手を4月5日まで自宅待機、12人の選手・スタッフは同日まで他の選手、スタッフと時間をずらして練習・仕事をすることにしたという。残る1人は通常通りとなる。

 いずれも濃厚接触とは判定しがたい状況だというが、数分の会話のあった選手、複数回の会話、身体的な接触(グータッチ)があった選手については大事をとって自宅待機。12人は数秒、数十秒程度のあいさつ、会話等にとどまっており、現段階で発熱等、体に異常を訴えるものは出ていないという。

 今後は所属する全首脳陣・全選手・全スタッフの体温測定、健康観察等の予防につながる対策は継続して実施。今回の措置等にともない、4月3~5日に予定されていた2軍の広島との練習試合(ナゴヤ球場)は中止となることも発表された。

 阪神では27日に伊藤隼、藤浪晋太郎投手、長坂拳弥捕手が新型コロナウイルスで陽性と診断されたことを公表した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス