文字サイズ

プロ野球開幕延期 斉藤コミッショナー「大変苦しい判断」「遅くとも4月中の開幕を目指す」

 日本野球機構(NPB)は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて都内で臨時の12球団代表者会議を開き、3月20日に予定されていたセ・パ両リーグの開幕延期を決定した。延期の期間などについては、12日に行われる会議で話し合うという。

 会議後の会見で、斉藤コミッショナーは「2回目のコロナ会議を開いて、先ほど12球団代表者会議を開いた。正式な専門家からの提言は12日にいただく予定になっているが、先生方からは3月20日の開幕は延期したほうが望ましいという意見があった。ここは時間感覚を持って判断すべきという風に考えて、開幕を延期することに決めた」と表明した。

 ファームのイースタン、ウエスタンの両リーグは3月いっぱい練習試合を無観客でやることを明かしたうえで、1軍については「我々の一致した考え方は、お客様を入れて143試合を行うと。これを最優先したいと」と明言。そのうえで「ただ、コロナウイルスについては日々、状況が変化している。現在、あらゆる想定をして、日程をシミュレーションしている。情報を集め、引き続き専門家の意見を参考にしながら、遅くとも4月中には開幕できることを目指している」とした。

 開幕の延期は東日本大震災以来、9年ぶり2度目。「オープン戦を無観客にしたのも苦しい決定であったが、今回はそれ以上に大変苦しい判断であったということであります」とも語った。

 この日の午前中にJリーグと合同で立ち上げた「新型コロナウイルス対策連絡会議」で、専門家から延期が「望ましい」と意見された。これを受け、斉藤コミッショナーは観客が集まった際に、感染者が増えるリスクなどを念頭に、「個人的には延長もやむを得ない」との見解を示し、午後から12球団で検討に入っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス