文字サイズ

ヤクルト・青木主将が若手に“喝” 開幕の相手・阪神にミスから追いつかれる

 「オープン戦、ヤクルト2-2阪神」(ANA SPORTS PARK 浦添)

 高津ヤクルトが、開幕戦の相手となる阪神と初対戦。だが九回にミスで追いつかれ、第1ラウンドは引き分けに終わった。

 1点リードで迎えた九回だった。内野陣のミスで出塁を許すと、2死後、代打・上本を迎えた。フラフラと上がった打球を、懸命に二塁・吉田大成と右翼・浜田が追いかけるがどっちも捕れず。不運な形で同点打を許した。

 このまま引き分けで試合終了。すぐさま主将・青木が動いた。指名打者として最後まで試合に出場していた青木が、全体ミーティングで言葉を発した。訴えかけたのは、気持ちの面だ。「野球の流れをもう少し考えて、アンテナを張った方がいいと思って。こういう試合は去年も一昨年もあったからね」と意識一つで変わるミス撲滅を訴えた。

 一方では、開幕投手筆頭候補の石川と小川が共に3回を無失点。阪神の新助っ人らが並ぶ重量打線相手に、しっかりと結果を残した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス