文字サイズ

ヤクルト・村上、悔しさ胸に2軍合流「一日でも早く1軍に」

 「ヤクルト2軍春季キャンプ」(15日、西都)

 絶対に諦めない。下半身のコンディショニング不良で離脱していた、ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が2軍キャンプに合流。「必ず開幕に戻れるように、努力していきたい」。悔しさは胸に、2軍から再出発を切った。

 後悔はなかった。村上は「やることをしっかりやって、こういう離脱という形になってしまったので…」と前向きに受け止める。そこには高津監督からの言葉があった。「前を向いてやってこい」-。沖縄を離れるときに、指揮官から送られたエールだった。

 「一日でも早く1軍に合流して、チームの力になりたい。監督の気持ちに少しでも応えられたらと思います」

 1週間の時間がもどかしかった。「こうやって宮崎でユニホーム着て野球ができるのが、すごく幸せだなと思います」。この日はキャッチボールやティー打撃などで汗を流し、「思ったよりもしっかりできました」と納得顔。目指すのは3・20の阪神戦だ。ここから徐々に巻き返しを図る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス