文字サイズ

DeNA、紅白戦で下克上 ドラ1森は初安打 京山、中川らが1軍相手に力投

 「DeNA紅白戦、2軍 3-1 1軍」(8日、アトムホームスタジアム宜野湾)

 2軍は初回、先頭・関根が二塁打を放ち、直後に三盗。その後無死一、三塁から倉本の内野ゴロの間に1点を先制。続く二回にも1死一、三塁から宮本の内野ゴロの間に1点。2-1の九回には山下の適時打で1軍を突き放した。

 2軍はドラフト1位・森(桐蔭学園)が六回2死から代打で登場し、“プロ初安打”となる中前打。投げては先発・京山、2番手・中川がともに2回無失点で終えるなど、6投手のリレーで1軍打線を1失点に封じた。

 1軍は4番に入った佐野が3打数1安打と順調な調整ぶり。先発・桜井は2回2失点。2番手・砂田、3番手・進藤、4番手・斎藤は2回無失点の好投を見せた。

 下克上を許す形となったラミレス監督は「2軍の方がかなり準備をして、しっかりやってきたのかなと。我々は、そこまで準備ができていなかったのかなと思った」と振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス