文字サイズ

ロッテ ドラ1・佐々木朗が奥川にエール「お互い今は、焦る時期じゃないと思う」

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=が17日、右肘に軽い炎症を起こしたヤクルトの同1位・奥川にエールを送った。同学年の右腕を「お互い今は、焦る時期じゃないと思う。しっかり段階を踏みながらやっていってほしい」と励ましの言葉を並べた。

 ネットニュースで奥川の右肘炎症を知り驚いたという。U18日本代表でチームメート。プロ入り後も休日の過ごし方や練習メニューなどについて連絡を取り合ってきた。親交が深いだけに「夏の大会で頑張っていたので、疲労が出たのかなと」と気遣いを見せた。

 この日は、ZOZOマリンでの新人合同自主トレに参加した。約40メートルの距離でのキャッチボールを行うなど練習に励んだ。故障防止に努めたい球団の方針で、現状では体作りを重点的に行っている。自身にも当然、焦りはない。「あまり無理せずに、少しずつ状態を上げていければいい」と一歩ずつ歩を進めるつもりだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス