文字サイズ

日本ハム・近藤「切磋琢磨しながら」元チームメートの阪神・高山に刺激

近藤(左)にインタビューする高山(撮影・高部洋祐)
2枚

 日本ハム・近藤健介外野手(26)が6日、大阪市内で行われた「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」に出席。会場で阪神・高山と久々に対面し、日本シリーズでの再会を心待ちにした。

 同学年の2人は、小学6年時に選出された選抜チーム・千葉ロッテマリーンズジュニアのチームメート。今も互いに刺激し合う中で、近藤は「(2016年に)新人王も獲りましたし、切磋琢磨しながらいきたいなと思います。(日本シリーズで)やれたらいいですね」と力強く誓った。

 プロ8年目の今季も138試合に出場して打率・302、2本塁打、59打点と結果を残し、自身初となる最高出塁率(・422)のタイトルを獲得。絶大な信頼を置くミズノ社製の相棒を駆使し、来季はチームを4年ぶりの日本一奪還に導く。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス