文字サイズ

楽天ドラ3津留崎“狂気の”マッチョ右腕だ 最速153キロ!自慢は分厚い大胸筋

 楽天のドラフト3位・津留崎大成投手(22)=慶大=が21日、仙台市内で交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で入団合意。自慢の“鋼の肉体”を武器に、プロでの活躍を誓った。

 明治神宮大会での19年ぶり優勝から一夜明け、楽天のユニホームに身を包んだ津留崎。「身が引き締まる思い。本当の勝負が始まると思う」と話した。

 最速153キロ右腕は、とにかく規格外だ。あこがれの人物に挙げたのは「狂気の男」と称されるボディービルダー・合戸孝二氏。左目の治療に必要なステロイド投薬が大会禁止薬物のため、治療を拒否して失明。競技に懸けるその姿に「熱を感じる。すごいなと思った」と感銘を受けた。

 自慢の部位は大胸筋。一般的に、投手が大胸筋を鍛えるとリスクがあるとされるが「試合前日にベンチプレスをやると調子がいい」と言い切る。オリックス・吉田正との“マッチョ対決”には「対戦というか…一緒にトレーニングがしたいです」と笑顔。鍛え抜かれた剛腕で、杜(もり)の都を席巻する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス