文字サイズ

清原氏が“現場復帰” 選手へ「精一杯悔いないように」 ワールドトライアウト会場に登場

ワールドトライアウト2019の予選に訪れ、インタビューに答える清原和博氏
2枚

 西武や巨人などでプレーした清原和博氏(52)が7日、16年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来、久しぶりの“現場復帰”を果たした。神奈川県・横浜市のサーティーフォー保土ケ谷球場で開催された「ワールド・トライアウト2019」の予選会に監督として出席。11時50分過ぎに紺のスーツ姿、水色のネクタイを着用して球場に到着。球場の場内アナウンスで監督と紹介され、グラウンドに登場すると「清原監督~」「キヨ~」「応援してます」と大声援と拍手が起こった。

 整列し円陣を作った選手の前で“訓示”もした。清原氏は「皆さんこんにちは。今日は皆さんの姿を見にきました。みなさんは小学校からプロ野球選手を夢見てやってきたと思う。今日はそのチャンスがありますんで、精いっぱい悔いのないようにプレーしてください。頑張ってください」と激励した。

 この日は、独立リーグの選手らが参加する試合形式の公開トライアウトを行う。

 清原氏はそのトライアウトを視察し、30日開催の本戦(神宮球場)の選手選考を行う予定。“指揮官”として足を踏み入れた球場の雰囲気を堪能したようだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス