文字サイズ

明石商、エース中森完投で初戦突破も狭間監督「情けない」

ナインにげきを飛ばす狭間監督(撮影・永井優花)
3枚

 「秋季高校野球近畿大会・1回戦、明石商8-3東山」(21日、佐藤薬品スタジアム)

 春のセンバツ出場への重要な選考基準となる近畿大会1回戦が行われ、明石商(兵庫2位)が京都2位の東山を8-3で下し、初戦突破を決めた。

 来秋ドラフト候補の中森俊介投手(2年)は、7安打3失点(自責点1)11奪三振で完投したが、大事な場面で四球を与えるなど制球に苦しんだ。

 6-1で迎えた五回。味方の失策で2死一、三塁のピンチを背負うと、続く打者に甘く入った球をはじき返され、走者一掃の適時二塁打を許した。「外(アウトコース)を攻めてボールが増えると、無意識に中に投げてしまって…。それを打たれていた。自分はいい時と悪い時の波が激しいので、悪い時でも波をできるだけ小さくしたい」と課題を口にした。

 この日、同じく来秋ドラフト候補の来田涼斗外野手(2年)も4打数1安打という結果に終わり、狭間善徳監督は「ほんまに情けない。あの2人がしっかりやらなあかんのに、周りに引っ張ってもらってる。これでは甲子園に行く資格はない」と厳しい言葉で2人を鼓舞した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス