文字サイズ

ノムさんも驚いた巨人丸の奇策「大ばくち」捕手大城も絶賛「たいしたもんだ」

 野球評論家・野村克也氏が、13日深夜に放送されたTBS系「S1」に出演。CSファイナルSの巨人-阪神(東京ドーム)を解説した。

 結果は巨人が4-1で勝ち、日本シリーズ進出が決定。六回2死三塁で決勝のセーフティースクイズを決めた丸について「意表も意表だね。バントなんて誰も考えない」と驚きの表情。監督時代は数々の奇策を繰り出してきたノムさんも「全然予想してない。あんなところで。大ばくちもいいところだ」と、評価した。

 また、この試合でスタメンマスクをかぶった大城を称賛。三回、福留を全球直球で見逃し三振に仕留めると「キャッチャーが見抜いている。スライダーを待っているの。全球直球、よく見てるこのキャッチャー。たいしたもんだ」と、うなった。捕手には辛口の解説が多いが、その後も「キャッチャーのリードがさえている。バッターの裏、全部いっている。よく考えてる。(配球に)根拠がある。一球一球にね」とうなずいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス